縮毛矯正

縮毛矯正は髪だけじゃなく頭皮にもダメージがあることを知るべし!

縮毛矯正は髪がサラサラになる

 

 

強力なくせ毛やまとまらない髪の毛でも、サラッサラッなストレートにしてくれる縮毛矯正

 

 

 

それだけの矯正力があるなら強い薬剤ということはイメージできますが、気にしているのは髪の仕上がりだけじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

いくら綺麗なストレートにできたとしても、髪だけじゃなく頭皮にもダメージは蓄積されています。

 

 

 

 

って、こんなことは言われるまでもなくご存知ですよね?

 

 

 

 

でも、髪のサラサラ感が良ければ、頭皮のことはひとまず後回しになっているんじゃないでしょうか?

 

 

 

そのままにしておくと、そのうちに頭皮が悲鳴をあげることになる危険性があります。

 

 

 

 

 

これから書いてあることは、具体的にあなたの頭皮に直結するお話し。

 

 

 

しっかりと読んでおくことで、縮毛矯正後の頭皮でも健康的な状態を維持することができます。

 

 

と同時に、しっかり読まずにそのまま放置してしまうと、頭皮の炎症やただれ、抜け毛などにつながる場合があります。

 

 

 

 

サラサラできれいな髪を十分に維持するためにも、しっかりご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の失敗をチリチリやビビリ毛だけで判断してはいけない!

 

縮毛矯正の失敗

 

 

縮毛矯正の失敗といえば、髪がストレートにならずにチリチリ・バサバサになってしまう「ビビリ毛」。

 

 

髪の毛に対して高ダメージが毎回かかっているので、限界を超えてしまうと起こってしまうもの。

 

 

 

 

縮毛矯正もパーマと同じで、くせの強さだったり髪のダメージ具合、髪質などを加味しないといけないので、美容師の知識と経験がものをいう世界。

 

 

 

かかりやすければ簡単、かかりにくいから難しいってものでもないんですよね。

 

 

 

だから失敗が多いのが縮毛矯正なんです。

 

 

 

 

 

”自称”くせ毛直しが得意だぜ!

 

 

縮毛矯正がうまい美容師

 

 

 

 

美容師が多い世界ですし、困ったもんです。

 

 

 

 

 

こっちは分かんないわけですから。

 

 

 

 

 

 

あっ、ちなみにビビリ毛は一度なると直りません。

 

 

 

 

切るしかない!!

 

 

 

 

 

よくサロンで縮毛矯正の修復をしてくれますけど(無料で)、当たり前のことです。

 

 

 

当然ですよね。失敗してるんですから。

 

 

 

 

 

例えば、レストランで「炭かっ!!」ってくらい真っ黒になったトンカツが出てきたら、作り直ししてくれますよね。

 

 

それと同じ。

 

 

 

 

トンカツと違うのは、同じサロンでの修復はリスクが大きすぎるってこと。

 

 

 

 

縮毛矯正のやり直しは、どんなに上手い美容師でも「イチかバチか」なので、最初からちょっと高くてもホントにうまいところでやるべき。

 

 

 

やり直しをしても直らないこともありますし、余計にひどくなることもあるので縮毛矯正はデメリットをよーく理解しておくことです。

 

 

 

ホットペッパーなどに載ってるお店の雰囲気で決めるんじゃなくて、SNSや口コミをよく見て利用者の意見を参考にした方が安心です。

 

 

 

 

 

良い美容室の見分け方

 

 

1.広告を出していない、広告が少ない

 

質の高い美容室はリピーターが多いので、広告を頻繁に出す必要がありません。

 

 

フリーペーパーなどには広告がほとんど載っていないが良い口コミが多いサロンは質が高い。

 

 

 

 

いい美容室は広告が少ない

 

 

 

 

 

 

2.縮毛矯正の料金が安すぎない、逆に相場より高い

 

縮毛矯正にはたくさんの薬剤がありますが、品質の高い物から低いものまで様々です。

 

 

値段の安い薬剤はダメージを度外視して、矯正のかかり具合しか考えていないものも。

 

 

施術料金が異常に安い場合は、頭皮ダメージが強い薬剤を使っている可能性が高いです。

 

 

 

 

その逆になりますが、質の良い薬剤を使用しているなら原価が高くなります。

 

 

そのため、料金は高めになってしまいます。

 

 

フリーペーパーでは周辺相場を簡単に比較できますから、相場より高い料金設定をしているという事は良い薬剤を使っている可能性が高いです。

 

 

 

 

※この2つがすべてではありませんが、けっこう絞られます。

 

 

 

 

でも、綺麗なストレートになったとしても、頭皮はダメージを受けていることを忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正では髪の毛だけじゃなく、頭皮のダメージも大きい!

 

縮毛矯正は頭皮のダメージが大きい

 

 

なんとなく分かっていると思いますが、縮毛矯正でダメージを受けるのは髪ばかりではなく、頭皮にも影響は大きいです。

 

 

ただ直接、薬剤が頭皮についていないのに「ダメージなんてあるの?」という風にも思うんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

たまに、縮毛矯正をした後に頭皮がヒリヒリしたり、かゆみを感じたことはありませんか?

 

 

 

その経験があるなら、縮毛矯正で頭皮にダメージを受けているので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の薬剤による頭皮ダメージ

 

 

縮毛矯正の薬剤は強いうねりでも真っすぐにできるよう、ストレートパーマよりも成分濃度の濃い薬剤が使われます。

 

 

 

当然、刺激もより強い!

 

 

 

 

それだけ強い薬剤ですから、頭皮につけないよう根元から離して塗布するようになっています。

 

 

 

でも、人間のすることですから、頭皮についてしまう事だってある。

 

 

 

とはいえ、よほど新米でない限り、頭皮につけるようなお粗末な施術をする美容師はいないでしょう。

 

 

 

 

ただ問題は、薬剤が髪の毛に浸透し、髪の根元から頭皮にダメージが伝わる場合があることです。

 

 

 

特に、頻繁に矯正したりカラーリングをする人の場合は、髪のダメージがひどいために頭皮まで伝わってしまう場合があります。

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正のアイロンによる頭皮ダメージ

 

薬剤を塗布して浸透させた後は、アイロンの熱で髪を強制的にストレートに伸ばします。

 

 

この時の熱や引っ張る負荷によって頭皮にダメージがかかります。

 

 

 

また、縮毛矯正をした後の持続のために毎日ヘアアイロンをあててはいないでしょうか?

 

 

まっすぐにしたいという思いから強く引っ張りながらヘアアイロンをあててしまうため、施術時だけではなく後からも頭皮に負担をかけてしまっているんです。

 

 

 

 

 

縮毛矯正の薬品によるアレルギー

 

 

縮毛矯正は一度行うと、ずっと続けないといけないために、頭皮が薬品に対してアレルギーを起こすこともあります。

 

 

なので、頻繁に縮毛矯正を行う場合は部分的な縮毛矯正や新しく生えてきた部分だけにするなど、髪にも頭皮にもダメージの少ないようにすることが大事です。

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正の頭皮ダメージをそのままにしているとどうなる?

 

縮毛矯正は頭皮ダメージの放置はダメ

 

 

縮毛矯正をした後はヒリヒリしたりかゆみがなければ、頭皮のことなんて気にしませんよね?

 

 

自覚症状がなくても頭皮はダメージを受けていますし、ドンドン蓄積されていきます。

 

 

 

頭皮ダメージをケアせず、いつもと同じケアだけを続けていると、

 

 

  • 頭皮が常に炎症状態
  • 皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まる
  • 皮脂の過剰分泌で頭皮の細菌が繁殖する
  • 頭皮や髪に十分な栄養が届かない
  • 頭皮が乾燥し、皮脂が過剰分泌する
  • 抜け毛が増える、薄毛の原因になる

 

 

などの頭皮トラブルに発展する可能性があります。

 

 

 

頭皮環境が悪化したまま縮毛矯正をすると頭皮への負荷がより強くなるので、毎日の頭皮ケアが重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

縮毛矯正をした後に行うべき頭皮ケア

 

 

頭皮マッサージ

 

 

ダメージを受けると頭皮は硬くなり栄養が届かなくなります。

 

 

頭皮マッサージは器具も不要で、シャンプーの時、お風呂上り、ちょっとしたスキマ時間にできる便利なケア方法です。

 

 

シャンプー前の予洗いの時の行うと、毛穴につまった皮脂や汚れを浮かせられるので、低刺激のシャンプーでもしっかり落とせます。

 

 

また、寝る前の2〜3分もやればリラックスにもなります。

 

 

 

ただし、強く押してはダメ!

 

 

 

頭皮がダメージを受けて弱っている状態のときの強い刺激はNG。

 

 

 

なので、必ず指全体の腹で負荷を分散しながら行うことが大事です。

 

 

 

頭皮マッサージは大事

 

 

 

 

蒸しタオル

 

 

蒸しタオルは頭皮のストレスを軽減させ、温かい温度で包み込むことで頭皮の血行も良くなりリラックス効果が期待できます。

 

 

ただし、熱すぎる蒸しタオルは逆効果になることもあるので要注意!

 

 

頭皮が炎症状態にあるところに熱い温度はダメージを進行させてしまう可能性があります。

 

 

 

すぐに温度が下がってしまうのが嫌なら温度を熱くするのではなく、蒸しタオルの上から乾いたタオルを乗せたり、ラップをかるく巻くと温度が下がりにくくなります。

 

 

 

 

 

シャンプー

 

 

洗浄力の強いシャンプーは縮毛矯正で痛んだ頭皮には刺激が強すぎます。

 

 

皮脂と取り除く脱脂力が強いため、汚れだけでなく頭皮を保護するための皮脂まで取り除いてしまい、乾燥や炎症の元になります。

 

 

アミノ酸系シャンプーなど低刺激のシャンプーを使うことをおすすめしますが、中には強い洗浄成分を配合しているシャンプーもあります。

 

 

なので、必ず裏面の成分一覧を見て強い成分が配合されていないかを確認することです。

 

 

 

特に避けるべき成分は

 

 

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • パレス硫酸Na
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸
  • カリ石ケン素地
  • ラウレス-3酢酸Na

 

 

などの成分です。

 

 

洗浄力が高く、安価な原料なので市販のシャンプーには多く含まれています。

 

 

アミノ酸シャンプーとうたっていても配合されていることがあるので注意が必要です。

 

 

 

 

アミノ酸系洗浄成分は、

 

 

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ココイルアラニンTEA
  • ラウラミノプロピオン酸Na

 

 

のように、刺激性が低く頭皮にやさしい洗浄成分であればOKです。

 

 

 

 

 

頭皮の美容液

 

 

頭皮の乾燥がひどい場合には頭皮の美容液で潤いと保湿をすることも大切。

 

 

炎症した頭皮をむき出しにしているといつまでも炎症は治まらないため、きちんと保湿をして保護してあげましょう。